花粉症対策に食事を改善!症状を抑える食材は?

Sponsored Links

寒い日が続いて、暖かい春が待ち遠しい思う日もありますが…
春は花粉症の人にとっては、
冬の寒さよりも厳しい季節となります。

くしゃみ、目のかゆみ、鼻水に悩まされ、
マスクや花粉症用のメガネ、帽子、コートで完全武装して出勤、
通学される方も少なくないですね。

私も北海道から関東に引っ越してきて、
3度目の春を迎えた時に花粉症になってしまいました。

薬を飲んだり目薬を点したりして何とかやり過ごしていますが、
できればお薬に頼らずに毎日の食事や飲み物で症状が軽減、
あわよくば治ってくれたら嬉しいですよね。

今回は、花粉症の症状を和らげたり、負けない体作りに
一役買ってくれる食事などを紹介してみたいと思います。

20140124

発酵食品をで免疫力UP !

乳酸菌が豊富なヨーグルトが花粉症対策に良いというのは結構有名ね。

日本には独自の発酵食品もたくさんあります。
味噌、醤油、みりん、納豆、ぬか漬け、鰹節、甘酒、日本酒など。

毎日の食事で意識して食べるようにすることが簡単に出来るものが多いと思います。
韓国の代表選手 キムチ も発酵食品です。

発酵食品は、腸内細菌のバランスを整えてアレルギーの抑制作用もあり、
免疫力UPを助けてくれるので積極的に摂取したい食べ物です。

毎朝、ヨーグルトもいいですが、味噌汁、納豆、漬物、おひたしなどの
和食にすればいろんな種類の発酵食品を一度に食べられますね。

青魚を食卓へ!

食の欧米化が進み、食卓には魚が並ぶことが少なくなってきていますが
魚を積極的に食べてアレルギー症状を抑えましょう。

青魚に含まれるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は
良質な脂質である不飽和脂肪酸の一種で、
体内でつくることができない必須脂肪酸です。

EPAとDHAは免疫の働きを正常にしアレルギー症状を引き起こす
ロイコトリエンという細胞膜の脂肪酸が変化して発生する
物質の発生を抑えることができると言われています。

サンマ、サバ、イワシ、アジにEPA,DHAは多く含まれています。
サンマの塩焼き、サバの味噌煮など美味しいですよね。
ハマチ、マグロ、ぶりなどにも含まれていますので、お寿司も良いと思います。

北海道では、ニシンやサンマ、キャベツ、大根、ニンジン、しょうが、
玉ねぎなどを麹とご飯と一緒に漬け込んで乳酸菌発酵させた飯寿司(いずし)
という郷土料理もあります。

前述の発酵食品と青魚の両方が食べられます。
地域によっては「なれずし」と呼ばれているものと同じ部類です。
子どもの頃お正月になると食べる、
この飯寿司(いずし)がお気に入りでした。


Sponsored Links

薬味野菜をあなどるなかれ!

ネギ、シソ、しょうが、にんにくなどの薬味野菜は、
料理の味のアクセントに欠かせない食材です。
しかし、無くても、まぁなんとかなるかなって思っちゃう時ありますよね?
私はそうでした…。
しかし、この薬味野菜が花粉症対策には素晴らしい力を発揮してくれるんです!

シソに含まれている、ロズマリン酸はポリフェノールの一種で、
過剰になる免疫反応を市場に戻してくれるそうです。
赤シソのほうが含有量は多いですが効果があるといわれる量の
ロズマリン酸50mgを摂取するには、20枚前後だそうです。
なので赤ジそのジュースを飲むのが一番効率的ではないかと思います。

6月頃に市場に出る赤ジソを買って次のシーズン用に、
赤ジソジュースを仕込んでおくのもいいですね。

また、ネギ、にんにく、しょうがは身体を温める効果があるので、
免疫低下の最大の敵「冷え」から体を守ってくれます。
薬味野菜を、積極的にそして気軽に食事に取り入れていくことで、
身体が内からポカポカと温まります。

春の花粉症予防には、冬の根菜 れんこん、大根、カブ、など
旬の野菜を食べることでも、身体を温めることができます。

和食を見直そう!

日本の伝統の発酵食品、お魚、旬の野菜をとることで、
免疫力があがるということは、
花粉症対策に限らず風邪などにも効果があります。

たまには、洋食も良いとは思いますが、
和食を食べる回数を増やしていくことがいいのではと思います。

花粉症は現代病。
やはり、昔ながらの食事は私達の身体にあっていて、
先人の知恵が科学でも証明されてきているなぁと感じます。

個人個人の体質、味覚にあったものを上手に取り入れて、
花粉症の症状の対策となるような食事を継続されると体質改善なるのではないでしょうか。

Sponsored Links

健康

関連記事

激怒

感情の起伏が激しい人の特徴と対処法!原因や病気の可能性、なぜ女性に多い?

普通に話していると思ったら、 突然怒り出したり、泣き出したり、あるいは落ち込んでしまったり…。

記事を読む

20140108

牡蠣の食中毒の症状と予防法、対処法!あたりやすい時期や潜伏期間は?

「食」というのは人間にとって大きな娯楽ですね。 それと同時に、人間はものを食べなければ生きていくこ

記事を読む

紫外線アレルギー

紫外線で目が充血!原因や症状と対策、アレルギーの検査方法や薬は?

紫外線アレルギーって聞いたことありますか? 紫外線だなんて、日常的に触れる可能性が非常に多いものな

記事を読む

140209 pill 001

ピルで血栓症になる原因と予防法!頭痛やふくらはぎのむくみは注意!

ピルを使用するとリスクが上がる血栓症 ピルって使われてますか? 避妊だけじゃなく、月経周期の安定

記事を読む

8-01_thumb

インフルエンザ2016年の流行はいつ?風邪との症状の違い、正しい予防接種の時期

毎年1月~2月ごろに流行のピークを迎えるインフルエンザ 38度以上の高熱。悪寒や関節痛、咳や頭痛な

記事を読む

140216 teeth 001

磨耗症とは?歯磨きのしすぎが知覚過敏や口臭の原因に!

歯を磨きすぎるのは危険??? 歯は虫歯や口臭の原因になるから食事の後は、丁寧にしっかり磨くのが大事

記事を読む

140330 mukumi001

夕方になると足や手のむくみが気になる!原因や病気の可能性

手足のむくみ、夕方になると気になるなぁ... 靴下のゴムの跡がつく、ブーツや靴がきつくて入りにくい

記事を読む

140330 menier 001

耳鳴りや難聴、吐き気がする・・・メニエール病の症状と原因、体験談

耳鳴り、難聴、吐き気...メニエール病の可能性 突然、耳が聞こえにくくなり、耳鳴りがはじまり、

記事を読む

b18d43419304905cfc36b510e2fd69f7

コンビニおでんダイエット、おすすめの具ランキング!カロリーやたんぱく質は?

食欲の秋が終わりを告げようとしていますね…。 でも油断してはいけません!! これからクリ

記事を読む

多汗症

多汗症を改善する治療法や薬、ツボ、受診すべき診療科!最終的には手術!

特に暑いわけでもないのに気が付けば汗をかいている状態だったり、 夏場は他の人よりも大量の汗をかいて

記事を読む

kenkoplus2_i3
子供のアトピー用のヒルドイドが美容にかなりいい感じ!

最近、ヒルドイドにはまっています。 我が家の1歳の息子が軽いアトピー

アイカラー
2016年流行春メイク予想!アイシャドウやリップの新作コスメ情報も!

今年の春メイクはどんなのが流行る? メイクが楽しくなる春だからしっか

140322113743596522
十三まいりとは?2016年の時期はいつ?ネットでできる着物レンタルも

子供が小学校から中学校へあがる時期。 数え年で13歳になる子供たちと

chti002
5月病とは?気になる症状・原因・解消法をチェック。予防対策も

春になると耳にする「5月病」 聞いたことはあるけど、どんな症状なのか

d099d886ed65ef765625779e628d2c5f
八十八夜の意味とお茶の歌との関係は?お茶にはダイエット効果がある!?

夏も近づく八十八夜…♪ という茶摘みの歌を聞いたことがある方は多

→もっと見る

PAGE TOP ↑