子供の熱中症の症状と対策、処置方法!室内の赤ちゃんには特に注意!

Sponsored Links

暖かくなってくると、心配なのが熱中症ですよね。
特にお子様は、大人よりも体力がなく、
頭の位置が地面に近いので、特に気を付ける必要があります。
近年は、熱中症対策ということで、
秋ではなく春に運動会を行う学校が増えているようですが、
熱中症になる可能性は春でも十分にあるんです。
小さなお子様に関しては、
親がきちんと注意してあげなければなりませんよね。

今回は、子どもの熱中症について、
注意しなければならないことや原因、症状、
対策方法等をまとめてみました。
大切なお子様を、熱中症からしっかり守ってあげましょう!

熱中症 子ども

親が注意しなければならないことは?

もっとも注意が必要なのは、生まれたばかりの赤ちゃんです。
赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごす上、
体温を調節する機能がまだ不完全なので、
親がしっかりと空調管理をしてあげる必要があります。
エアコンを使用する際は、室温を下げるだけではなく、湿度の調整も忘れずに。
また、部屋を冷やしすぎると赤ちゃんが風邪をひいてしまう可能性があるので、
あくまでも適温を保つようにしてください。
適切な温度は18度から26度、適切な湿度は40%から60%だそうです。
また、直射日光が当たっていないかどうかも確認してくださいね。
汗や尿の量が減っていると、脱水症状を起こしかけているサインなので、
水分量についても十分注意してください。


Sponsored Links

熱中症の原因は?

気温や湿度が高い場所に長時間いたり、直射日光を浴びすぎたりして、
体から熱が逃げなくなってしまうことが原因です。
水分をしっかり摂らせて、
発汗することで体温調節ができるようにしてあげてください。

 

熱中症の症状は?

子どもの熱中症の症状は、顔色が悪くなること、貧血(失神)、
手足の痙攣、発熱等が中心となります。
もっとも初期の症状としては、発汗量の低下が挙げられます。
暑い場所にいたのに、あまり汗をかいていない…というときには、
熱中症になりかけている可能性がありますので、
早い段階でしっかり水分補給をさせてください。

 

予防・対策・応急処置の方法は?

こまめな水分補給や空調管理が基本的な対策方法となります。
外出する際は、風通しのよい服装を身につけ、帽子も忘れずに。
気温が35度を超える日は運動をさせないということも重要です。
また、上述したとおり、子どもは頭の位置が大人よりも地面に近いので、
地面からの熱や照り返しによる日光によって、
体温の上昇が早くなってしまいます。
必要となる水分量も大人よりも多いので、本人が欲しがっていなくても、
大人から声かけをして水分を摂らせるようにしましょう。

 

おすすめの飲み物やグッズ

「OS-1」という商品名で販売されている、
経口補水液が最適だと言われています。
スポーツドリンクも効果的ですが、特に小さなお子様に飲ませる場合は、
糖分のとり過ぎが心配になりますので、
同量の水で薄めてから飲ませるようにしましょう。

首回りを冷やすことは効果的なので、
水に濡らすとひんやりするスカーフを首に巻いておくのもおすすめです。

スカーフ

私のエピソード

お子様が熱中症になりやすい場所のひとつに、テーマパークが挙げられます。
もともと日蔭が少なく、気温が上がりやすい場所である上に、
夢中になって遊んでいるうちに、水分補給を怠ってしまいやすいんだとか。
筆者も子どもの頃、ディズニーランドで軽い熱中症になって、
救護室のお世話になったことが…。
大人も子どももテンションが上がりやすい場所でこそ、体調管理が大切です。
遊びに夢中になっているお子様ほど、注意してみてあげてくださいね。

Sponsored Links

健康

関連記事

140330 mukumi001

夕方になると足や手のむくみが気になる!原因や病気の可能性

手足のむくみ、夕方になると気になるなぁ... 靴下のゴムの跡がつく、ブーツや靴がきつくて入りにくい

記事を読む

20140124_2

花粉症対策におすすめメガネとマスク!ZoffとJinsがおしゃれで人気!

もうすぐ春がやってきますが、綺麗な花たちの季節なら、 花粉の季節でもありますね。 ずっと花粉症の

記事を読む

140209 sekimenshou 001

すぐに顔が赤くなるのを治したい!赤面症の原因と克服方法とは?

人間なら、ほとんどの人が人前に出てなにか表現をしなければならない状況だと、 緊張しちゃいますよね。

記事を読む

140330 ketsuben 001

血便の原因と何科に行くべき?痔や下痢のとき考えられる症状と病名

ある日突然、血便が!! 血便などというものは、出来たら経験したくないですよね。 出てしまっても、

記事を読む

紫外線アレルギー

紫外線で目が充血!原因や症状と対策、アレルギーの検査方法や薬は?

紫外線アレルギーって聞いたことありますか? 紫外線だなんて、日常的に触れる可能性が非常に多いものな

記事を読む

多汗症

多汗症を改善する治療法や薬、ツボ、受診すべき診療科!最終的には手術!

特に暑いわけでもないのに気が付けば汗をかいている状態だったり、 夏場は他の人よりも大量の汗をかいて

記事を読む

140209 mycoplasma pneumonia 001

子供のマイコプラズマ肺炎の症状や潜伏期間、感染経路や治療方法は?

なんか、最近?ここ近年? マイコプラズマ肺炎ってよく聞きますよね~。 幼稚園とかで感染しやすいと

記事を読む

140330 menier 001

耳鳴りや難聴、吐き気がする・・・メニエール病の症状と原因、体験談

耳鳴り、難聴、吐き気...メニエール病の可能性 突然、耳が聞こえにくくなり、耳鳴りがはじまり、

記事を読む

20140108

牡蠣の食中毒の症状と予防法、対処法!あたりやすい時期や潜伏期間は?

「食」というのは人間にとって大きな娯楽ですね。 それと同時に、人間はものを食べなければ生きていくこ

記事を読む

140209 pill 001

ピルで血栓症になる原因と予防法!頭痛やふくらはぎのむくみは注意!

ピルを使用するとリスクが上がる血栓症 ピルって使われてますか? 避妊だけじゃなく、月経周期の安定

記事を読む

kenkoplus2_i3
子供のアトピー用のヒルドイドが美容にかなりいい感じ!

最近、ヒルドイドにはまっています。 我が家の1歳の息子が軽いアトピー

アイカラー
2016年流行春メイク予想!アイシャドウやリップの新作コスメ情報も!

今年の春メイクはどんなのが流行る? メイクが楽しくなる春だからしっか

140322113743596522
十三まいりとは?2016年の時期はいつ?ネットでできる着物レンタルも

子供が小学校から中学校へあがる時期。 数え年で13歳になる子供たちと

chti002
5月病とは?気になる症状・原因・解消法をチェック。予防対策も

春になると耳にする「5月病」 聞いたことはあるけど、どんな症状なのか

d099d886ed65ef765625779e628d2c5f
八十八夜の意味とお茶の歌との関係は?お茶にはダイエット効果がある!?

夏も近づく八十八夜…♪ という茶摘みの歌を聞いたことがある方は多

→もっと見る

PAGE TOP ↑